カードローンの画像

  • お金を使い過ぎてしまい給料日までの生活費が足りない
  • 急にどうしてもお金を使う必要ができたが持ち合わせがない
  • ローンやクレジットカードの支払日にお金が足りない

このように様々な理由で「どうしても今日お金が必要」という状況になることは誰にでもあるものです。

今日中にお金を作る方法として次のようなことが挙げられます。

  • 友人にお金を借りる
  • 家族にお金を借りる
  • カードローンを利用してキャッシングする

友人や家族にお金を借りるのが難しいようであれば、カードローンを利用してキャッシングしてはいかがでしょうか。

未成年の場合はこの方法が難しいですが、パートやアルバイトなどで収入があれば誰でも金融機関からお金が借りられます。

カードローンをおすすめする理由

先ほど誰でもお金が借りられるといいましたが、カードローンで借り入れするには、まず審査に通過する必要があります。

この審査にさえ通過すれば、無担保・保証人不要で融資が受けられるだけでなく、今日中にお金が手元に入る即日融資にも対応してもらえます。

緊急でお金が必要という人は、次のカードローン会社を利用することをおすすめします。こちらのカードローン会社なら、土日祝日でも本日中のキャッシングに対応してもらえます。

J.Score(ジェイスコア)

  • みずほ銀行系の新しいカードローン
  • web完結契約可能だから、来店不要で手続きできる
  • 申し込みから借り入れまで最短30分のスピード審査
審査時間 最短30分
実質年率 年0.8%~12.0%
借入限度額 最大1,000万円

プロミス

  • 手続きをWEB上で全て終わらせることができる(申し込み〜契約、融資)
  • 初回限定で30日間無利息サービス
  • 平日14:00以降&土日でもWEB契約でATMによる即日融資が可能

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

審査時間 最短30分
実質年利 4.5%~17.8%
借入限度額 1〜500万円

SMBCモビット

  • WEB完結で、郵送物・電話連絡無し。
  • 融資限度額が業界トップクラス。
  • 平日14:50までにWEB契約完了で、即日の振込融資が可能。

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

審査時間 10秒簡易審査
実質年利 3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円まで

アイフル

  • 「借り換えMAX」で貸金業法に基づき年収3分の1を超えるキャッシングが可能
  • 来店不要!22:00まで即日融資に対応してもらえる
  • 家族や配偶者、誰にもバレずにキャッシュカードが受け取れる
審査時間 最短30分
実質年利 3.0%~18.0%
借入限度額 800万円

申し込みから融資までにかかる時間

消費者金融なら最短60分

申し込みから融資までの時間は、早ければ60分〜90分くらいです。

カードローンの申し込みはWEBからおこなうと10分ほどで完了します。

その後に、審査がおこなわれて最短20分〜30分ほどで審査結果が電話もしくはメールで届きます。

この審査に通過すると、このまま手続きをすすめてもいいのかという意思表示がおこなわれ、申込者がこれに合意したら必要書類の提出をおこないます。

必要書類とは、身分証明書や収入証明書類のことです。基本的には身分証明書だけでいいのですが、必要に応じて収入証明書類を合わせて提出する場合があります。

保証会社があなた(利用者)の書類や在籍などの確認をおこなって、不備がなければ審査に通過したことになり、利用限度額内のお金が借りられるようになります。

ここまでの流れをみると、面倒くさそうだと思われるかもしれませんが、実際のところあなたはWEB申込や書類提出しかおこなわないので、そのほかの手続きはすべて銀行や消費者金融などの保証会社がおこなってくれます。あなたが要する時間は10分〜15分ほどと、そこまで長くかかりません。

WEB完結をするなら平日14時までに

最近ではスマホだけで契約がおこなえる、いわゆるWEB完結がおこなえる金融機関がほとんどですから、振り込みキャッシングの時間に間に合えば自宅や職場から一歩も出ることなくカードローン契約が完了します。

WEB完結を希望する場合は、振り込みが可能となる平日14:00までにすべてのプロセスを済ませましょう。

本日中のキャッシング審査の成功率を上げるコツ

「できれば審査なしでお金を借りたい」そう思う人も多いことでしょう。

しかし審査なしでお金が借りられるところは違法悪徳業者、いわゆる闇金のみになります。そうでない真っ当な金融機関では必ず審査がおこなわれますので避けて通ることはできません。

本日中でも間に合う審査通過率を上げるポイントはいくつかあります。下記のことに注意して申込をおこなえば、キャッシング成功率がぐっと高くなります。

同時申込をしない

同時申込とは、2、3社の金融機関に同時に申込をすることをいいます。貸金業界ではこれがタブーとされており、「同時に申込をする=返済する意思がない」と判断されてしまうからです。

この同時申込をすると「申込みブラック」になり審査に通過しないどころか、最大6ヶ月間クレジットカードすら作れなくなります。

どうしても今日中に融資を受けたいからといって、複数の金融業社へ申込をおこなうのは辞めましょう。

虚偽の申告をしない

虚偽とは、申込の際に嘘の申告をすることをいいます。キャッシング会社は申込者の信用情報を開示したうえで審査をおこなっていきます。

この信用情報には名前や性別、生年月日などの基本的な情報だけでなく、過去の借入履歴や現在の借入状況までがすべて詳細に記載されています。

金融機関は信用情報をもとに審査をするわけですから、嘘の申告をすぐにバレてしまい即審査落ちになるのです。カードローン契約は信用が第一になりますから、くれぐれも嘘の申告をしないようにしましょう。

審査に自信がないなら消費者金融を選択する

消費者金融よりも銀行のカードローンのほうが、低金利に借り入れができます。

銀行は低金利に借り入れできるとはいえ、そのぶん審査に通過するのが難しくなるため、審査に自信がない場合は消費者金融でキャッシングをしたほうが良いと考えられます。

すでに他社の金融業者で借り入れがあり、2社目以降の借り入れになる場合は消費者金融を選択するのがベストではないでしょうか。

その他の審査ポイント

先ほどの注意点のほかに、次のようなことが審査の判断材料としてみられます。

年収 現在は総量規制の影響などもあるため、規制対象・対象外を問わず融資希望金額の3倍ほどは最低限必要
勤務先 有名企業になるほど評価が高い
勤続年数 収入の安定性の評価に影響し、長い方が評価は高い
雇用形態 正社員>契約・派遣社員>アルバイト・パート>自営業・個人事業主という順序で評価される
住居の区分 持家のほうが評価は高い
居住年数 生活を維持することが出来ているかという評価に影響
連絡先 あまり重視されないが固定電話契約があると若干の評価アップ

すべての項目で不利な状況にあるとおもわれる場合は、消費者金融業社で即日融資を受けることを強くおすすめします。

消費者金融業社は申込者のおおよそ40%〜50%が審査に通過しており、これは銀行カードローンの2倍ほどの成功率になります。つまり、銀行カードローンよりも消費者金融のほうが審査に通過しやすいのです。

今日中にお金を借りたいならおすすめはプロミス

プロミスの即日キャッシングは業界トップクラスの融資スピードです。プロミスなら24時間申し込み可能で、今日中に借りたいという要望をかなえてくれる可能性が高いカードローンです。

WEB完結なら電話連絡なしで即日キャッシング

審査のプロセスのひとつに在籍確認というものがあります。在籍確認とは、申込者が記入した勤務先に本当に勤めているかどうかを確認するための電話連絡のことです。必ずしも勤務先にカードローン会社から電話連絡がかかってくるわけではないのですが、ほとんどのケースで在籍確認はおこなわれます。

在籍確認をおこなうかは保証会社が判断するので、申込者が在籍確認をおこなわないでほしいと申し出たところで、この意見を受け入れてもらうことはできません。しかしどんな方法で在籍確認をおこなうか選択できるカードローン会社もあります。

モビットのweb完結なら勤務先への電話連絡なしで即日融資が受けられるようになっています。

最速キャッシングする方法

一週間のうちでもとくに金曜日の夜は審査が混み合い、夕方からの申込では即日融資が受けられるかどうかギリギリのところです。そんなときの裏技がWEB申込後にカードローン会社に電話連絡をすることです。

上述のランキングに掲示しているカードローン会社は即日融資にとても積極的です。そのため、このように急ぎである旨を伝えると、優先的に審査をおこなってもらえます。繰り返しになりますが、必ずWEB申込をした後で電話連絡をしましょう。カードローン会社の多くは、WEB申込から優先して審査がおこなわれる傾向にあるからです。

即日キャッシングは土日・祝日でも可能?

銀行カードローンは土日祝日に営業をおこなっていないのと同時に、審査もおこなっていない場合があるので注意しましょう。

上述しているみずほ銀行カードローンは、土日や祝日に審査をおこなっていませんので、融資が受けられるのは2~3営業日となり本日中のキャッシングがおこなえないということになります。

各カードローンの土日祝日の審査対応

土日祝日の即日融資
プロミス
SMBCモビット
三井住友銀行カードローン
みずほ銀行カードローン ×

三井住友銀行カードローンは銀行カードローンにあたりますが、保証会社がSMBCコンシューマーファイナンスグループのプロミスになりますので、土日祝日でも審査をおこなっています。

プロミスとモビットは消費者金融なので、どちらも審査スピードの速さや土日祝日でのキャッシングがウリになります。

土日祝日に即日キャッシングをする場合は、三井住友銀行カードローン、プロミス、モビットの中から選択するのがベストでしょう。

本日中に借りたいときの注意点

どうしても本日中にお金が必要なのに借りられなかったら、困った状況に陥ると思います。

確実にお金が用意できるよう最善を尽くしていきましょう。

身分証明書の住所と今住んでいる住所が同じか

提出する書類で気をつけるべき点は、書類の住所と今住んでいる住所が合致するかどうかです。

書類に記載されている住所が違うと、せっかく書類提出をしても再提出を求められて手続きに時間がかかることがあります。

金額の多い借り入れ(50万円以上)は避けたほうが無難

消費者金融でも銀行カードローンでも、50万円以上のお金を借りるには収入証明書の提出が必要になります。

身分証明書だけの提出であれば容易だと思いますが、収入を証明する書類まで用意しなければいけないのは手間や時間がかかります。

本日中にお金を借りたいなら、50万円までの借り入れに留めておくのが得策です。

情報収集をおこなったうえで借り入れする

当たり前のことですが、最も大切なことだと思います。

一括りにカードローンといっても、金融機関によって金利やサービスに違いがあります。

詳しく知らずに申し込みをしたら、即日借り入れに対応してもらえない金融業者だったという話はよくあります。

とくに銀行カードローンは、最短即日審査と記載されていながら融資までに1週間以上かかるというケースが多いため、確実に本日中に借り入れしたいなら消費者金融を利用するのがベストです。

プロミスの即日キャッシングなら業界トップクラスの融資スピードです。プロミスなら24時間申し込み可能で、今日中に借りたいという要望をかなえてくれるカードローンです。